HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>未分類

録画・録音方法

【正規ハードでのゲームの録画方法】
Wiiやプレステ2等の正規ハードからの出力の録画方法は、すでに多くの実況様のブログで詳しく紹介されています。
私も例外ではなく、

ハードから出たコンポジットケーブルを↓に挿し
フジパーツ ピン端子-ピン端子中継プラグ AC-333フジパーツ ピン端子-ピン端子中継プラグ AC-333
()
不明

商品詳細を見る


反対側に↓を挿して分配し
フジパーツ 分配AVケーブル 3ピン-6ピン 2m FVC-131フジパーツ 分配AVケーブル 3ピン-6ピン 2m FVC-131
()
不明

商品詳細を見る


片方をテレビ、もう片方を↓に挿しこんで、PC内に録画録音してます。
I-O DATA USB 2.0/1.1対応 ハードウェア MPEG-2エンコーダ搭載ビデオキャプチャBOX  GV-MDVD3I-O DATA USB 2.0/1.1対応 ハードウェア MPEG-2エンコーダ搭載ビデオキャプチャBOX GV-MDVD3
(2007/02/28)
不明

商品詳細を見る

コンポジットケーブルは画質が悪いため、S端子を使用される方も多いです。
自分はコンポジットで録画しているため、録画時点でマリカー等の動きの早い動画には横線が入ります。画質を気にされる方はS端子を強くお勧めします。
S端子を使用しての録画の場合は、ハードから出力されるコードが変わるので繋ぎ方が少々変わりますが、難しいことではありません。


【エミュレータでのゲームの録画方法】
さて、正規ハードの場合についての説明はこれ以上必要無いでしょうし、ここに来られた方はこういう話を聞きたいのでは無いと思います。
そう、エミュレータを使用したゲームの録画方法ですよね?
録画方法のご説明をする前に注意がございます
※所有しているゲームソフトやゲーム機から自分で作成した物ではないROMイメージやBIOSデータの利用は、原則的に違法である。
ということです。
wikipedia先生をもう少し読み進めると、自分の持っているソフトウエアであれば、法的にグレーゾーンに突入させることが出来るとあります。
しかし、そうであったとしても黒に極めて近いグレーであることは間違いなく、悪質な場合には逮捕される可能性もあるようです。
エミュレータの一種であるWiiのバーチャルコンソールのような企業公認のもの以外はすべからく危険性を孕んでいることを認識しましょう。

とは言うものの、さんざん脅しておいてなんですが、プレイするゲームのハードとソフトを持っていればそうそう問題にはならないだろうと思っています。ハードもソフトも持っていないままプレイしている人の方が多いでしょうからw

そんなわけで、説明に入ります。

使用しているエミュレータは
Visual Boy Advance
です。
おそらくGBAのエミュレータで最も有名なエミュレータだと思います。
GBのゲームデータにも対応してますが、音が不安定です。
また、CPUを思った以上に食うので、脆弱PCの方はご注意ください。
ちなみに、現在私はPCを3台持っていますが
1号機:Intel Core 2 Quad 2.83Ghz  → 正常作動
2号機:Intel Pentium 4 3.40Ghz   → 正常作動
3号機:Intel Core 2 Duo 1.06Ghz   → 異常作動
といった具合です。3号機程度の方はご注意ください。
また、そのPCで録画もしなければなりません。Pentium 4の2.0Ghz 程度ではおそらく耐えられないでしょう。

ゲームデータは様々はサイトで配布されていたり、Winny等のいわゆるファイル共有ソフトでも入手できると思いますが、ここではご紹介しません。というか怖くてできません。ググってください。

エミュレータでプレイするゲームは当然モニタに出力される訳ですが、この録画で活躍するのがデスクトップの様子を動画保存してくれるモニタキャプチャリングソフトです。
私が現在使用しているソフトは
アマレココ
です。以前は
カハマルカの瞳
を使用していました。
カハマルカの瞳はVistaに対応しておらずOSと共にソフトも変更しました。
それぞれの特徴は以下の通りです。

『アマレココの特徴』
初期設定が必要
録画終了後即AVI利用可能
出力AVIファイルの容量が2GBを超えてもファイルが分割されない

『カハマルカの瞳の特徴』
初期設定いらず
録画終了後からAVIファイル作成までに時間がかかる
出力AVIの容量が2GBを超えた場合は強制分割

正直、断然アマレココがお勧めです。
アマレココの初期設定はロゴ消しの手続きです。コードを打ち込んで終了なので、それほど手間ではありません。
アマレココは録画ストップを押すと同時にAVIファイルが作成されますが、カハマルカの瞳はストップを押した後から「一時保存していたBMPファイルを結合→さらにそれに音声WAVを結合」を行うため、AVIファイル作成までに時間がかかります。
同条件における比較を行っていないため、軽重は定かではありません。
カハマルカの瞳は、作成されるAVIファイルの容量が2GBを超えると判断した場合、自動的に分割します。一つのファイルで済むアマレココと違い、fpsの設定にも寄りますが、30分も録ると5つや6つのファイルが作られます。例えばWMMでこれらのファイルを順番に並べたとしても、ファイルの境では「プツッ」という音と共に画面がチラつき、厄介です。

現在は1号機(withアマレココ)で録画していますが、480×320ピクセルを30fpsで録画してもコマ落ちはしません。(コマ落ちしたという警告が出ますが、AVIからは全く認識できません。)
2号機(withカハマルカ)で録画していた時は、300×300ピクセルを14fpsで録画していましたが、2号機のスペック+カハマルカの瞳にはこれが限界でした。


【録音方法】
さて、実況で肝心な声の録音についてご説明します。
録音には
Audacity
を利用しています。
録音するだけでしたら、Windowsに最初から入っている「サウンド レコーダー」(Vistaに限る)でしたり、超録でしたり、世の中に沢山あります。
その中でもaudacityを利用する訳は「ノイズカット機能」にあります。
通常、マイクでの録音には背後に小さい「サーーーーー」というノイズが入ります。
ステレオミキサー等を所持している場合はミキサー自体にノイズカット機能が付いているため問題にはならないのですが、通常はこのような機材は持っていません。そこで、一度録音した音声からノイズをカットしクリアな音声にするのです。それが出来るのがaudacity。
このソフトはノイズカットだけではなくピッチ変更・テンポ変更・エコー等々の機能も有し、非常に面白いソフトです。
さて、ここまではいいのですが、録音に関しては大きな問題があります。


【録音問題点】
アマレココはモニタの様子の録画と共にゲーム音の録音ししてくれますが、そこにマイク入力をすると、優先度「マイク>ゲーム音」で録音し始め、「画面:ゲーム、音声:声のみ」というシュールな動画が出来上がります。アマレココ側に録音対象の指定箇所は見当たらず、PCを1台しか所持していない場合、今のところの解決方法は
①別途MP3レコーダーで録音する
②ミキシング機能のあるサウンドボードをPCに追加する
③ステレオミキサーを導入する
しかないのではないかと思っています。
私は1号機でゲーム2号機で録音をしています。後付けですが、録画PCへの負荷を低減する効果はあると思います。実際それを目的に録画と録音を分けてらっしゃる実況者様もいらっしゃいます。

問題点はこれだけではありません。
ゲーム音を聞くため、PC音をステレオジャックかUSBでヘッドホン・イアホン・スピーカーに出力すると思います。
しかし、これをしてしまうとアマレココがゲーム音を録音してくれなくなります。
つまり普通にゲーム音を聞きながらアマレココで録音すると、無音動画が出来上がります。
その対策として
フジパーツ ステレオミニプラグ-ステレオミニ端子×2分配ケーブル 0.1m AD-612フジパーツ ステレオミニプラグ-ステレオミニ端子×2分配ケーブル 0.1m AD-612
()
不明

商品詳細を見る

このような二股プラグを背面のラインアウトジャック(緑)に挿し、二股プラグのジャックには、片方に自分の聴くイアホン、もう片方に↓を挿します。
PLANEX ステレオミニプラグケーブル 1m PL-SMP01PLANEX ステレオミニプラグケーブル 1m PL-SMP01
(2008/02/10)
不明

商品詳細を見る

延長ではなく、両側がオス端子になっているケーブルです。
もうおわかりですね、↑のケーブルの行き先はラインアウトジャックのすぐ隣にあるマイクインジャック(ピンク)です。
ラインアウトジャック(緑)を背面としたのは、前面のラインアウトにノイズが乗りやすいという理由があります。ゲーム音のノイズは除去が面倒なので、背面をお勧めします。ノートの方は気にしなくて大丈夫です。
マイクインジャック(ピンク)でなく、ラインインジャック(青)でも大丈夫ですが、マイクインジャック(ピンク)に挿した場合、マイクブースト設定を使用でき、録音したゲーム音が小さい場合に対応できます。

以上、です。
最適かどうか分かりませんが、自分なりに見つけたスタイルです。
ご質問はいつでもお待ちしております。

この記事のトラックバックURL

http://mitsurunikoniko.blog68.fc2.com/tb.php/206-e024eb37

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。